三重県の税理士事務所

無理に社内英語公用語化を実施することはない

" 私は「社内英語公用語化」に対して、それはあまり良いことではないと思っています。

 今、日本だけをマーケットにしていては利益をうみ出すことは難しく、世界を相手にしていかないと、ビジネスが成功しないということは知っています。

 しかし、日本の会社で社内英語公用語化をしてしまうと、国際社会に対して強い会社になる前に、仕事の効率が格段に落ちてしまうのではないかと、むしろそちらを心配してしまいます。

 社内英語公用語化を推奨したからといって、すぐに社員が全員英語を話せるわけではありません。これは、英会話に限ったことではありませんが、ものごとというのは失敗と反省を繰り返しながら徐々に学んでいくものだと私は思います。

 しかし、職場というのは本来学ぶ場所ではなく、仕事をして成果をあげる場所ですので、社内英語公用語化にすることで仕事の効率が落ちてしまっては、それこそ本末転倒だと私は思います。

 ですので、無理に社内英語公用語化を実施することはないと私は思っています。"

大好きなサイト