三重県の税理士事務所

日本語教師の資格を取り、アジアで日本語を教えたい!

"3年前、ネパールに出張へ行ったとき、小さな村の小学校を訪問した。
日本では考えられない学校設備の低さにショックをうけたものの、
とうの子供たちはこれが当たり前のように、元気よく遊び、授業をしっかり受けていた。

5年生ぐらいの男の子が突然、「ありがとう」っと話しかけてきた。
唖然としてしまったが、なんで日本語話せるの?と通訳さんに聞いた所、
お父さんが日本語のガイドさんだという!
子供たちが真似して「ありがと、あしがと、ギャハハー」うわーと賑やかになり、
通訳さんに、英語はもちろん、中国語、日本語が話せれば、ここではいい仕事につける。
特に日本語ができれば、日本へも行け、家に沢山仕送りができるという。
でも、ネパールの日本語学校は数が少ないうえに高く、なかなか日本語を勉強したくてもできないと。
この通訳さんは北京大学の日本語学科で勉強したとのこと。

子供、大人も関係なく日本語を話すことで一人でも貧困生活から抜けられるのなら、こんなのどかな環境で
日本語塾でも開きたい、こんな私でも社会のために立ちたい。
そんな志が消えないうちに、日本語教師の資格を取れるよう頑張りたいです。


"

大好きなサイト