三重県の税理士事務所

個人事業者は確定申告をする必要があります。

"誰でも働いて一定の収入がある場合は国や地方自治体に税金を納めなければなりません。

しかし会社に勤務している場合は会社が社員の給料から納めるべき税金を給料から天引きしています。これを源泉徴収と言います。そのため会社に勤めている人は自分で税金を納める必要はありません。

しかし個人事業者の人は会社に勤務している人とは違って源泉徴収がないので自分で事業で得た収入や税金を計算しなければなりません。そして自分で税金を納める必要があります。これを確定申告と言います。

そして個人事業者は毎年2月16日から3月15日までの間に確定申告をする必要があります。そしてその後税金を納めることになります。

また確定申告をするためには税金を計算する必要があるので収入と支出をしっかり帳簿につけておく必要があります。そのため個人事業者は経理の知識を身につけておくべきでしょう。"

大好きなサイト